ユウナギログ

人生に迷子な社会人4年目の雑記ブログ!筆者はメーカーで働く26歳文系男子。仕事のあれこれやライフハック、趣味の音楽や旅、読書などについて雑多にまとめます。

【腕時計】話題のカスタム腕時計Knot、2本目を購入したのでレビューするよ

f:id:twogulls:20170220214323j:plain

 

こんにちは!

1年ほど前に購入したカスタム腕時計のKnotですが、このたび新しいモデルを購入したのでレビューしていきたいと思います。

 

 

カスタム腕時計Knotとは

Knotをご存じ無い方のために軽く紹介しておきましょう。

Knotは2014年に吉祥寺で設立されたメイドインジャパンの腕時計メーカーです。ブランド名でもある「Knot:結ぶ(Musubu)」をテーマに、日本伝統のモノづくりの技術を腕時計に込めて、世界へ発信・提供していくことを目標に事業をスタートしました。

 

現在は吉祥寺以外にも、横浜、心斎橋、台北(台湾)などにも店舗を拡大し、ギャラリーで実際に現物を見ながら購入ができます。

 

f:id:twogulls:20170220214822j:plain

 

特徴①メイドインジャパンであること

f:id:twogulls:20170220222430j:plain

その特徴の1つは製品の全てがメイドインジャパンであること。時計本体はもちろんのこと、ベルトも栃木レザーや京都の組み紐など、日本伝統の技術が使われています。

 

特徴②手ごろな価格で手に入ること

f:id:twogulls:20170220221718j:plain

ファッション業界ではユニクロやZARAなど、ファストファッションが現れていますが、腕時計の業界はいつまで経っても高価なブランド物ばかり。そんな中で、Knotは1万円台から手に入る高品質時計というコンセプトで時計業界に切り込んでいます。

 

特徴③8,000通りもの組み合わせの中からカスタムが可能

f:id:twogulls:20170220221522p:plain

そして最大の特徴がカスタム性の高さでしょう。その組み合わせ総数はなんと8,000通り以上。自分が好きな時計とベルトを組み合わせることで、自分だけの腕時計を作ることができます。

 

前回の記事では組み合わせのオススメについて書いています。 

www.younagilog.com

 

今回新たに時計を購入した目的は大きく2つ。

①ビジネスユースできる腕時計が欲しかった

昨年購入したモデルもビジネスユースできなくはないですが、もう少しスーツに似合う時計が欲しくなりました。

 

②腕時計にあまりお金を掛けたくなかった

また僕の仕事は営業ではないので、特に高価な時計を身に付ける必要もありません。2万円程度でそれなりの時計があれば十分かなと。

 

ということで、ダニエルウェリントンやTIMEXも候補にあったのですが、やはりKnotのコンセプトとカスタム性の高さに惹かれ、2本目を購入することに。実際に横浜のギャラリーショップを訪れて購入しました。

 

開封の儀

それでは開封していきましょう!f:id:twogulls:20171113204758j:image

 

 現在キャンペーン中らしく、紙袋の上に広告が付いていました。Why Knot?というコピーもセンスがあります。 2017年11月現在、東京メトロにも同じ広告が出ているそうです。

 

f:id:twogulls:20171113204828j:image

裏面にはびっしりと文字が。

「MADE IN JAPANを、手が届く価格で。この国に息づく技術を、未来につなぐ。国境も、世代も、文化も、飛びこえるデザインを」

このコンセプトがやっぱり良いですね。自分が製造業の会社で働いているということもあり、こういう信念を持ってモノづくりをしているメーカーからモノを買いたくなります。 

 

f:id:twogulls:20171113204836j:image

 

それでは箱を開封していきます!

 

f:id:twogulls:20171113204845j:image

今回選んだのはこちら!

ビジネスユースもできる腕時計が欲しい、ということでカラーはブラックを選択。前回はクロノグラフモデルをチョイスしましたが、今回はよりシンプルなノーマルモデルを選択しました。

 

f:id:twogulls:20171113220801j:plain

(出典:http://knot-designs.com/)

 

iPhoneのように上げ底の箱になっており、下には合わせて購入したベルトが入っています。 

f:id:twogulls:20171113204910j:image

 

そして今回は濃いめのブラウンのベルトをチョイス。革靴とも色を合わせるとスーツでも映えそうです。

 

f:id:twogulls:20171113204917j:image

 

ちなみにポイントはバックルの金具部分。通常は文字盤のフチと同じ銀色をチョイスする人が多いようですが、今回僕はブラックを選択してみました。

 

f:id:twogulls:20171113204925j:image 

取り出すとこんな感じ。それではベルトと時計本体を合体します。

 

カチャッとはめ込むだけ、わずか数秒で完成しました。

 

f:id:twogulls:20171113204939j:image

 

腕に付けるとこんな感じ。僕は腕があまり太くないので、これくらい小さめサイズの方が似合うかもしれません。これで2万円しない価格なので、お手頃ですよね。

 f:id:twogulls:20171113204957j:image

 

ちなみに昨年に購入した アイボリー×薄ブラウンのクロノグラフモデルと並べてみました。1年少し、ほぼ毎日使用していたのでベルトも割と劣化してしまっています。

 

ちなみに今回購入したCS-36の方が1回り小さいのが分かると思います。

 

f:id:twogulls:20171113204946j:image

f:id:twogulls:20171113205030j:image

 

 ただクロノグラフモデルの良いところは、ストップウォッチ機能が付いているところと、日付が分かるところですね。今回購入したCS-36ではその2つの機能がないのでやや不便さはあります。

 

とは言え、ブラックも良い感じなので、これからは気分とTPOに合わせて使い分けて行きたいと思います。

 

 まとめ

今日から仕事に身に着けていきましたが、やはり新しい時計だとテンションが上がりますね。次回はまた購入してから半年ほど経った頃に、使用感や劣化具合について書いていきたいと思います。

 

Knotの購入は以下の3つの方法がありますので、気になった方はチェックしてみては?

①直営店(吉祥寺、横浜、心斎橋、台北(台湾))のギャラリーショップへ行く

②楽天ネット販売(Maker’s Watch Knot)

③公式サイトでの販売(http://knot-designs.com/)

 

★おすすめ記事★

 

www.younagilog.com 

www.younagilog.com 

www.younagilog.com