ユウナギログ

人生に迷子な社会人4年目の雑記ブログ!筆者はメーカーで働く26歳文系男子。仕事のあれこれやライフハック、趣味の音楽や旅、読書などについて雑多にまとめます。

【2018年版】仕事の能率が変わる!僕が3年も愛用している最強のビジネス手帳を紹介する

f:id:twogulls:20161223142745j:plain

 

11月を迎え、2017年も残す所あとわずかとなりました。

そろそろ忘年会の予定も入り始めたりと「年末」を意識し始めるシーズンではないでしょうか?

 

年末といえばビジネス手帳の買い替えシーズンですよね。

本記事では、僕が愛用している文句無しでオススメのビジネス手帳を紹介したいと思います。手帳選びは個人の好みやスタイルもあるので一概に言えませんが、僕はこのシリーズの手帳が最強だと思っていて、もう愛用を続けて3年目になります

 

その手帳がこちら!

 

ビジネス手帳2018(ブラック・見開き1週間バーチカル式)

 

f:id:twogulls:20161225114507j:plain

 ※まだ2018年版が手許に届いていないので、写真は2017年のものです。ご了承ください。

 

この手帳が本当に使いやすい!Amazonでも以下のように好レビューが並んでいます。

今回で4年連続の購入となります。
基本の造りは変わらず、自由記入のメモ欄を増やすなどの改良を重ねていて、安心して購入しています

 

長年使ってます。仕事を立体的に作り上げて行くのに便利。自己のスキルアップと反省に役に立ってます。

 

それでは、この手帳のおすすめポイントを見ていきましょう!

 

特徴①記入スペースが全て方眼紙になっている

f:id:twogulls:20161225114212j:plain

一つ目の特徴はあらゆる記入スペースが方眼紙になっていることです。写真を見ても分かるように、月次カレンダーの1日ごとのマス目の中も方眼紙となっています。方眼紙は無地の背景と違って、文字を綺麗に真っ直ぐ書くことができるので重宝しています。

 

更に文字の大きさも整えることができるので、何より見栄えが良くなります。字が汚くて、スケジュール帳はいつもぐちゃぐちゃ、という方には特にオススメです!

 

特徴②年次・月次・週次でタスク管理できる

f:id:twogulls:20161225114613j:plain

このシリーズの手帳は構成が素晴らしい。

最初に上の写真のように「YEARLY SCHEDULE」ということで見開きで1年分の予定が記入できるページがあります。

 

 

f:id:twogulls:20161225114212j:plain

続いて「MONTHLY SCHEDULE」のページで月次に予定を記入します。

 

 

f:id:twogulls:20161225114716j:plain

 そして、メインが「WEEKLY SCHEDULE」 ページであり、見開きで1週間の予定が見られるようになっています。このような構成になっているため、年⇒月⇒週⇒日とマクロな予定から順番に予定を整理することができるのです

 

予定を構造化し、全体を俯瞰することで、その年に何をやるべきか、月次に落とし込んで、今月何をやるべきか、週次では何をすべきか、といった管理ができるので仕事が進めやすくなります。

 

特徴③24時間刻みに予定が記入できる

f:id:twogulls:20161225114716j:plain

3つ目の特徴は、24時間刻みの行動スケジュールが記入できる点です。

会議や営業の予定はもちろん、「いつ(WHEN)」「何を(WHAT)」実行しなければならないかが一目瞭然に整理することができます。また、ページの左側に「WEEKLY ACTION」という欄も用意されているため、週次でやらなければならないタスクを記入することで、僕は仕事の漏れが少なくなりました。

 

 

特徴④メモスペースが豊富

f:id:twogulls:20161225114749j:plain

フリーに使える方眼メモスペースも豊富に用意されているので、思いついたアイデアをサッと書き留めることができます。方眼の線も1冊を通して薄めのグレーなので、視覚的にも気になりません。

 

僕は、上司や先輩から指摘を受けたポイントや、必ず覚えておくべきパスワードなどを記入するために使っています。手帳は仕事中は常に持ち歩くアイテムなので、こういったメモスペースが豊富に用意されていることは非常に便利な点だと思います。

 

特徴➄目標達成のための進捗管理ができる

f:id:twogulls:20161225115226j:plain

f:id:twogulls:20161225115253j:plain

 

 この手帳の特徴の1つが「行動科学マネジメント」に基づいて予定管理できることです。年単位で目標を立て、それを月次・週次に落とし込み、各月で反省を行っていくという流れを確立できるようになると、目標達成への近道となるでしょう。

 

僕自身も仕事の予定以外にも、簿記取得の為の勉強予定や、英語の学習計画も合わせて記入し、目標を達成することができました。

 

まとめ

 昨年に引き続き、今年もこの手帳を紹介してしまいました。本当に便利です。ぜひ来年の手帳を購入する際には候補に入れてみてください!

※本記事の写真および内容は2017年版のものですのでご注意を!

 

★おすすめ記事★

twogulls.hatenablog.com

twogulls.hatenablog.com

twogulls.hatenablog.com