ユウナギログ

人生に迷子な社会人4年目の雑記ブログ!筆者はメーカーで働く26歳文系男子。仕事のあれこれやライフハック、趣味の音楽や旅、読書などについて雑多にまとめます。

【初心者向け】2018年おすすめロックフェスまとめ~今年行くべきフェスとは!?~

f:id:twogulls:20170115200025j:plain

 <2018年5月12日更新>

本日は2018年おすすめのロックフェスティバルについて紹介していきたいと思います。上半期のフェスはそろそろ出演アーティストの発表も始まっており、今年のフェスシーンも盛り上がっていきそうですね!

 

この記事では「そもそもロックフェスってどんなイベント?」というところから解説し、2018年行くべきフェスを僕の独断と偏見によってまとめていきます。

 

2018年オススメのバンドについては、こちらの記事もご覧ください。
www.younagilog.com

 

 

1.フェスってどんなイベント?

 「フェス行こうぜ!」って言われても、どんなイベントか分からない。なにそれこわい。という人向けに、まずはロックフェスとはどんなイベントなのかを紹介しましょう。

 

フェスとは「ロックフェスティバル」の略称です。日本のフェスでは、主に洋学ロックバンドがメインのもの(フジロック、サマーソニックなど)と、邦楽ロックバンドがメインのもの(ROCK IN JAPAN、COUNTDOWN JAPANなど)と2種類あります。

 

どちらも共通して「(多くの場合)複数のステージで、様々なバンドがタイムテーブルに沿って演奏を披露し、観客を楽しませる」イベントとなります。言ってみれば、様々なアーティストのライブをたくさんのステージで同時多発的にやって、みんなで楽しもう!って感じのイベントになります(ざっくり)。

 

お祭りなので、ライブ以外にもご当地グルメの屋台や物販コーナーなどもたくさんあり、音楽を聴かない人もお祭り気分で盛り上がれます。フェスによっては、キャンプサイトも沢山用意されており、仲間とキャンプやバーベキューをしながら、ワイワイと盛り上がるのも楽しいですね。

 

したがって、フェスには音楽以外にも、グルメやキャンプ、お酒など様々な要素があり、様々な目的の人が一緒になって楽しめるイベントなのです。

 

ここで、例としてタイムテーブルを紹介しておきましょう。僕が過去に参加した北海道のRISING SUN FESTIVAL 2015_2日目のタイムテーブルです。

f:id:twogulls:20170115200439p:plain

午前中に到着し、仲間とビールで乾杯してから、クリープハイプと[Alexandros]を見て、北海道グルメを堪能してから、04Limited Sazabysのステージを見て、聖飢魔Ⅱで盛り上がってから、安全地帯を見ながら夕食を取り、Perfumeで癒されて、仮眠を取ってからback numberと10feetを見て、朝陽を眺める…。ってな感じです。

なんとなくイメージが湧いたでしょうか?以下にポイントをまとめておきます。

  • フェスとは「ロックフェスティバル」の略
  • 様々なアーティストが同時多発的にライブを行う
  • 音楽以外にもグルメやお酒、キャンプなど楽しめる要素満載
  • 大きなフェスだと、10万人以上動員するものもある
  • 予算:チケット代1日約7,000円~。2日通し券だと18,000円~。駐車場券、キャンプサイト使用券を買うと別途必要。
  • 服装:季節に合った服装で。ステージ前は人がいっぱいなので必ずスニーカー着用。着替え、水分、お金、スマホ、チケットetc

 

2.2018年おすすめフェス

それでは、今年行くべきオススメのロックフェスをまとめていきます。上半期のフェスは出演アーティストも決まり始めているので、どのフェスに行くか悩みますね。

 

百万石音楽祭2018

http://www.millionrock.com/
開催日:2018年6月2日(土)3日(日)
会場:石川県_石川産業展示館

石川県で6月に開催されるロックフェス。例年有名なアーティストも多数参戦しており、注目を集めている。北陸新幹線が開通したため都内からのアクセスも便利。

 

JOIN ALIVE2018

www.youtube.com

http://www.joinalive.jp/2018/
開催日:2018年7月14日(土)15日(日)
会場:北海道_いわみざわ公園
ライジングサンと並んで有名な北海道のロックフェス。毎年7月の3連休に開催される。会場へは札幌からシャトルバスで1時間ほど。北海道観光と一緒に参戦するのも楽しい。

 

FUJI ROCK FESTIVAL2017

FUJI ROCK FESTIVAL '18|フジロックフェスティバル '18

開催日:2018年7月27日(金)~29日(日)
会場:新潟県_苗場スキー場

会場は周囲を山林に囲まれた大自然の中にあるため、単にライブを観賞するだけではなく、森林浴やキャンプといったアウトドアを満喫する行楽イベントという意味も含めた「フェスそのものを楽しむ」ために来場する客も多い。それが会場の和やかで落ち着いた雰囲気を形作り、その居心地の良さに惹かれた多くのリピーター(いわゆるフジロッカー)を獲得しているといわれる。ゆえにロックフェスでありながら40代から50代の中年層客も多く、逆に10代から20代前半の若者は他のフェスに比べると若干少ないのが特徴でもある。

苗場で行われる日本最大級のロックフェス。自然と一体化した居心地の良い空間に多数のリピーターを獲得している。ぜひ一度は行ってみたいフェスだ。

 

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018

http://rijfes.jp/
開催日:2018年8月4日(土)5日(日)11日(土)12日(日)
会場:茨城県_国営ひたち海浜公園

「ロッキン」の愛称で親しまれる日本最大級のロックフェス。例年、茨城県の国営ひたち海浜公園で開催される。全国各地からシャトルバスが出ており、多くの観客を動員する。

 

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO

http://rsr.wess.co.jp/
開催日:2018年8月10日(金)11日(土)
会場:北海道_石狩湾新港楢川ふ頭

2日目はオールナイトで行われ、みんなで朝陽を眺められるフェス。北海道の雄大な自然の中で過ごせるライジングサンはリピーターも多く、毎年参戦する人も珍しくない。

 

3.オススメの持ち物

快適に楽しくロックフェスを過ごすためには持ち物のチョイスも大事です。最低限、以下の持ち物を用意しておくと良いでしょう。

ウェストポーチ

ウェストポーチは必須アイテムです。大きな荷物を持って会場を歩き回るのは不可能ですので、お金やチケットなどはこういった小さなポーチに入れて動き回りましょう

ペットボトルホルダー

カラビナ付きのペットボトルホルダーがあると便利です。暑い中での水分補給は非常に大事です。ズボンやカバンにペットボトルを取り付けていつでも水分が摂れるようにしておきましょう。

アウトドア用チェアー

休憩する時にこういうイスがあると捗ります。座ってビールを飲みながら休憩しましょう。安いので1つあると良いでしょう。

クーラーボックス

飲み物を持ち込むならこういったクーラーボックスは必須。

小型テント

これ、あると本当に便利。会場には日陰が無いことも多いので、これで自分たちの休憩ゾーンを設営しましょう。

 

4.まとめ

今年もフェスの日程が決定しており、上半期のフェスについては出演者も続々と決まり始めています。チケットを入手するには先手で申し込むことも必要です。売り切れる前に早めに購入しておきましょう!

 

今年も良いフェスに巡り合える良い一年にしましょう!